ブログ

2018.11.19

【家族名義のオフィスビルの1室を事務所として無償で借りる場合】

<誤った事例>
個人事業主Aさんが、生計を一にする親族の所有する
建物を無償で借り受け、事業の用に供した場合

その建物に係る減価償却費、固定資産税について
事業を営むAさんの必要経費に算入することはできない
として申告した

<正しい取扱い>
事業を営む者が生計を一にする親族の所有する建物
を無償で借受、事業の用に供した場合であっても

その対価の授受があったとしたならば、その資産を
所有する親族の各所所得の計算上必要経費に算入されるべき

金額を、その事業を営む者の事業所得の金額の計算上
必要経費に算入することができます

間違いやすい取扱いなので
注意してください

Tel.078-959-8522相談無料 ご予約はこちらチャットワーク1分で分かるfreee料金案内
一番上に戻る

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • 安心できる神戸相続NAVI
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • 信頼できる神戸経営支援NAVI
  • Mykomon
  • 専門家 ProFile
  • メールマガジンの申し込みはこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。