freeeとは。なぜfreeeなのか

専門知識は不要。使うほどに、簡単になる。早くなる。

freeeとは

freeeとは「freee(フリー)」とは、次世代型のクラウド会計ソフトです。
有効事業者数(実際にfreeeを使った事業所の数)は80万件を超え、クラウド会計ソフトにおいてのシェアはNo.1。個人事業主から500人規模の法人まで、幅広く利用されています。
freeeは、法人向け・個人事業主向け会計はもちろん、人事労務のシステム管理、確定申告、会社設立手続き、開業手続きを強力にバックアップします。これらの機能を使いこなせたとき、経理業務の効率は従来の50倍にもなると言われています。

万全のセキュリティ対策

freeeは、最新のセキュリティ技術に加えて高水準のシステム運用体制を整えています。お客様の大切な情報を、確実に保護します。

全ての情報と通信を暗号化

お客様からお預かりした全ての情報(個人情報・口座情報・入出金データなど)を、暗号化して保存します。また、全ての通信において、金融機関レベルの256bit SSL 通信方式を採っております。

厳重なデータ保管

国内シェア No.1 の「AWS」によるお客様のデータの厳重管理を行っております。クラウド上でデータを保管していますので、パソコンの紛失などによる物理的データ破損の心配がなくなります。

国際認証「TRUSTe」取得

個人情報の扱いにおいて、高いレベルの基準を満たすとされる国際的認証「TRUSTe」を取得しています。

freeeができること

freeeの機能は多岐に亘ります。知れば知るほど便利になる、簡単になるfreeeを、100%活用しましょう。
「詳しくはこちら」をクリックしていただくと、各サービスの詳細、当事務所だからこそできるサポートのご案内ページへとジャンプします。

法人向け会計

経理・会計の労力と時間を大幅に削減しながら、記帳・計算は確実に。帳簿作成の他、請求書の発行・郵送・消込や経費精算まで行います。会計状況がリアルタイムで把握でき、スピーディで適切な経営判断を支えます。
※NPO法人向け会計
freeeは、NPO法人向けの経理・会計にも対応しております。OSやブラウザに対応した、国内初のNPO法人向けの本格的なクラウド会計ソフトとなりました。一般的な企業と比べて特殊なNPO法人の会計業務において、日々の記帳から決算書の作成まで、効率的に行っていただけます。他の会計ソフトからの移行にも対応しておりますので、安心してご利用ください。

法人会計業務において、よく見られる課題

システムが分断化されているためにミスが起こる、ミスが起こりやすい環境になっている。 債権債務をエクセルで管理しているために入力や共有に時間がかかる。 紙を使用することが多く、管理量が膨大になっている。 内部統制の構築ができておらず、どこにリスクが潜んでいるのか見当がつかない。 実際にミスが起きたときに、その原因がはっきりしない業務フローとなっている。 IPOを機に、これまでの慣習的な業務フロー・制度を一新したい。

freeeにできること

経費を把握、管理、記録

クレジットカード、銀行口座と同期させることで、経費を自動で仕訳、管理できます。領収書も、スマートフォン、タブレットで撮影するだけで自動読み取り。

売上把握

見積書、請求書、納品書の発行。銀行口座やレジと同期させることで、日々の売上を自動登録。

経営分析

資金繰り、売掛レポートで経営状況を一目で把握。月別の推移、取引先ごとの分析も。

会計帳簿作成

帳簿を自動で作成します。 総勘定元帳、仕訳帳などの各種帳簿に対応。

システム統合

会計に加え、勤怠管理、マイナンバー管理、人事労務のシステムを一元化。

AI(人工知能)

人工知能を活用し、経理業務を効率化。

ペーパーレス

クラウドだからできる、書類のペーパーレス化で管理コストを大幅に削減。

リアルタイムレポート

リアルタイムで経営状況を一目で把握。トップとしての意思決定の迅速化。

個人事業主向け会計

確定申告はもちろん、日々の経理も効率化。帳簿作成の他、請求書の発行も。資金繰りレポートにより経営状況の把握が簡単に。

個人事業会計業務において、よく見られる課題

  • 経理業務に回す時間がない。
  • 開業したばかりで、経理の知識に不安がある。
  • 確定申告の方法が分からない、準備をしてこなかった。
  • 毎日の売上データの入力を省略したい。

freeeにできること

経費を把握、管理、記録

クレジットカード、銀行口座と同期させることで、経費を自動で仕訳、管理できます。領収書も、スマートフォン、タブレットで撮影するだけで自動読み取り。

売上把握

見積書、請求書、納品書の発行。銀行口座やレジと同期させることで、日々の売上を自動登録。

経営分析

資金繰り、売掛レポートで経営状況を一目で把握。月別の推移、取引先ごとの分析も。

会計帳簿作成

帳簿を自動で作成します。 総勘定元帳、仕訳帳などの各種帳簿に対応。

確定申告

質問に答えていけば、確定申告書を自動で作成。青色申告、白色申告、不動産申告各種に対応。

人事労務

給与計算、労務管理の大幅な効率化ができます。給与明細の作成、年末調整、入退社手続き、勤怠管理も。マイナンバーにも対応しております。

確定申告

手間のかかる確定申告が圧倒的に楽になります。質問に答えていくと、自動で確定申告書が作成されます。初めての方でも、青色確定申告が可能。
※freeeでできる各種帳簿の出力:青色・白色決算書(事業用・不動産用)、青色・白色申告書、消費税申告書、総勘定元帳、損益計算書、貸借対照表、現金出納帳、固定資産台帳。

会社設立

画面の案内に従って入力していくと、会社設立に必要な書類が5分で作成されます。特別な知識は不要。会社設立時、そして会社設立後まで、漏れなく手続きを踏むことができます。

開業

個人事業主向けの開業手続きが、無料で、簡単に。画面の案内に従って答えていくと、開業時に必要な書類を一括で作成できます。

なぜfreeeをお勧めするのか

なぜfreeeをお勧めするのか法人・個人事業主問わず、経営に携わる方にとって、経理業務は切っても切り離せないものです。経理担当者を置いて日々の業務は任せたとしても、最終的には経営者として自らチェックをしないわけにはいきません。個人での開業したての場合には、すべての経理業務をご自身一人で背負っている方も多くいらっしゃいます。
事業が大きくなるにつれ、従業員が増えるにつれ、経理業務量は膨大に、管理は複雑になります。また、常に信頼の置ける経理担当者を確保することは現実問題として難しく、ある人が退職したとき、それまでの処理能力を維持するために新たに2人を雇わなくてはならない、ということもよくあります。経理担当者が不在ともなれば、早急な人員確保を優先するあまり、経理の知識が不十分な人材を雇わざるを得ないといったケースも散見されます。
次世代型クラウド会計ソフト「freee」は、これらのお悩みをいっぺんに解消できる、優秀なリスク管理者とも言えます。業務量・従業員の増加によって正確性が損なわれることはありません。その正確性は安定して供給され続け、スピーディであり続けます。システムは常にアップデートされ、税率の変動にも自動で対応してくれます。
そして重要なのが、経理の専門知識がなくても十分に活用できる点。他のクラウド会計ソフトと比較しても、この点において突出した仕様を備えているのがfreeeです。
当事務所は、freeeのサービスに関する指導、代行、チェックを中心としたサポート体制を整えております。優れた機能を有するfreeeをスムーズに導入、また100%活用していただき、お客様の成功のための武器となることを願っております。
Tel.078-959-8522相談無料 ご予約はこちらチャットワーク1分で分かるfreee料金案内
一番上に戻る

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • 安心できる神戸相続NAVI
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • 信頼できる神戸経営支援NAVI
  • Mykomon
  • 専門家 ProFile
  • メールマガジンの申し込みはこちら