ブログ

2018.11.19

【平成29年確定申告:医療費控除の改正点と申告漏れの多い内容!!】

国税庁は1月17日に「平成29年分の確定申告においてご留意いただきたい事項」
を公表しました。

詳しくは下記国税庁のURLでご確認ください
https://www.nta.go.jp/kohyo/press/press/2018/shinkoku/index.htm

概要は以下の通りです

〇医療費控除の改正点

まず医療費控除においては、明細書(集計表)を提出することにより
領収書の提出又は提示が不要となったこと

セルフメディケーション税制との選択適用ができるようになった旨が
紹介されています

上記内容に伴って国税庁HPでは医療費控除又はセルフメディケーション税制を
適用した場合の減税額が試算できるコーナーが設けられています

(国税庁HP>確定申告特集>医療費控除による減税額の試算はこちら)
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tokushu/info-iryouhikoujo.htm#simulate

〇副収入の申告について

次に、副収入となるネットオークションやフリーマーケットアプリ等を
利用した個人取引による所得や、ビットコインをはじめとする仮想通貨の

売却等による所得については原則として「雑所得」として申告する
必要があることを紹介しています

さらに、競馬等のギャンブルから生じた所得については原則として
「一時所得」として申告することを忘れないよう紹介しています。

〇毎年申告漏れの多い内容

例年ふるさと納税の申告漏れ・予定納税額の記載漏れ
復興特別所得税の記載漏れ・添付書類の提出漏れが散見される
ようです。 ご注意ください。

なお申告書は国税庁HPの「確定申告書等作成コーナー」を利用して
自宅で作成できます。

また、マイナンバーカード及びICカードリーダライタがあれば
その作成した申告書をe-Taxで送信することもできます。

Tel.078-959-8522相談無料 ご予約はこちらチャットワーク1分で分かるfreee料金案内
一番上に戻る

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • 安心できる神戸相続NAVI
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • 信頼できる神戸経営支援NAVI
  • Mykomon
  • 専門家 ProFile
  • メールマガジンの申し込みはこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。