ブログ

2018.11.19

誤りやすい事例集【障害者控除】

誤った申告  6
介護保険法上の要介護の認定を受けている者について、障害者控除の対象とした


正しい申告  6
介護保険法における要介護状態とは、身体又は精神の障害のために、入浴・排泄・食事等日常生活での基本的な動作について、6カ月にわたり継続して常時介護を要すると見込まれる状態を言います。そのため要介護状態の者の一部には、福祉事務所長等の認定を受けることにより、所得税法上に規定する障害者に該当する者が存在することになります。 しかし、介護保険法上の要介護認定と福祉事務所長等による認定は別の認定行為であり、介護保険上の介護認定を受けたことをもって、直ちに所得税法上の障害者に該当するものではありません。

Tel.078-959-8522相談無料 ご予約はこちらチャットワーク1分で分かるfreee料金案内
一番上に戻る

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • 安心できる神戸相続NAVI
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • 信頼できる神戸経営支援NAVI
  • Mykomon
  • 専門家 ProFile
  • メールマガジンの申し込みはこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。