ブログ

2018.10.20

【平成30年 年末調整のしかた国税庁サイトで公表】

 

 

 

 

 

「平成30年分 年末調整のしかた」が国税庁サイトで
公表されました。詳しくは下記URLでご確認ください


 
〇平成30年分 年末調整のしかた
http://www.nta.go.jp/publication/pamph/gensen/nencho2018/01.htm
 
因みに、年末調整関連をまとめたページが
国税庁サイト内で用意されています。
 
〇源泉徴収義務者の方( 年末調整に関する情報)
http://www.nta.go.jp/users/gensen/index.htm#nenmatsu
 

平成30年分の年末調整では「配偶者控除等申告書」が
キーポイントです。

上記「平成30年分年末調整のしかた」内でも留意事項として
この書類について記載がされています。

そのうち最も重要なのは、以下の一文です。

『平成30年分の年末調整において、配偶者控除又は
 配偶者特別控除の適用を受けるためには、「

 平成30年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」
 の「源泉控除対象配偶者」欄への記載の有無にかかわらず

「平成30年分 給与所得者の配偶者控除等申告書」を
 給与の支払者に提出する必要があります。』

これは、29年分までは扶養控除等申告書(以下『マル扶』)
に記載していた配偶者=配偶者控除の適用

ということでしたが、30年分では決してそうではない
ということが背景にあります。

そのため、たとえマル扶に配偶者情報を記載していた
としても、配偶者控除あるいは配偶者特別控除の適用

を受けたいのであれば、必ず「配偶者控除等申告書」
の記載・提出が必要となります。

特に、これまで配偶者控除の適用を受けていた方
にとっては、マル扶とは別の書類に配偶者情報を
記載する、ということに慣れていません。

「マル扶に記載しているのに何故?」と
疑問に思われるでしょうし、

提出を忘れてしまいがちです。
注意しましょう。

☆☆☆求人募集中です。

 税理士試験合格者
 税理士試験科目合格者
 税理士事務所勤務経験者

       を募集しています☆☆☆

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
freeeの導入実績が、兵庫県第1位
          全国で第3位となりました

https://advisors-freee.jp/advisors/search

freeeの導入から運用サポートまで幅広く対応いたします
freeeに関して何でもお気軽にお問い合わせください

近江清秀公認会計士税理士事務所

神戸市中央区御幸通8-1-6神戸国際会館17階
TEL:078-959-8522
FAX:078-959-8533
Mail:office@marlconsulting.com

事務所HP
http://www.marlconsulting2.com/

クラウド会計ソフトfreeeを兵庫県で1番積極的に導入しているHP
http://www.freee-kessan.com/

安心できる神戸相続Navi
http://www.kobesouzoku.com/

信頼できる神戸経営支援Navi
http://www.oumi-tax.jp/

不動産賃貸専門税理士
http://www.不動産賃貸税理士.com/

freeeを利用した確定申告
http://freee-shinkoku.com 

確定申告LP
http://確定申告.biz/

All ABOUT JAPAN のコラム
http://profile.ne.jp/pf/oumi/c/

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●

Tel.078-959-8522相談無料 ご予約はこちらチャットワーク1分で分かるfreee料金案内
一番上に戻る

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • 安心できる神戸相続NAVI
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • 信頼できる神戸経営支援NAVI
  • Mykomon
  • 専門家 ProFile
  • メールマガジンの申し込みはこちら
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。