ブログ

2018.10.28

経営者、総務・経理担当者のためのメルマガ 2018年11月号

 

 

 

 

 

 

━ 経営者、総務・経理担当者のためのメルマガ ━━━━━━━━━━━━
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃税┃務┃・┃経┃営┃最┃新┃情┃報┃          2018年11月号
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつもお世話になっております。
  近江清秀公認会計士税理士事務所の近江清秀です。

 夜寒の折柄、皆様にはおかわりございませんでしょうか。

 さて、今月のメルマガの内容は以下の通りです。

(さらに…)

2018.10.20

【平成30年 年末調整のしかた国税庁サイトで公表】

 

 

 

 

 

「平成30年分 年末調整のしかた」が国税庁サイトで
公表されました。詳しくは下記URLでご確認ください

(さらに…)

2018.10.13

【コンビニ等“飲食禁止”明示で実態伴えば軽減税率 】

 

 

 

 

 

 

コンビニやスーパー等には,店内で飲食できるイスや
テーブルが置かれた“イートイン”のコーナーが
設けられていることがあります。

来年10月から導入される消費税の軽減税率制度について
イートインは軽減税率が適用されない“外食”として
標準税率が適用されます。

(さらに…)

2018.10.06

【NISA口座 非課税期間終了時における手続きのお知らせ】

NISA口座(一般NISA口座)は、2014年から運用が
開始されています。NISAの非課税期間は5年間ですから、

2014年中の購入に関しての非課税期間の終了は2019年1月1日
となります。実質、2018年末ということになりますが、

この非課税期間終了に伴う取扱いが日本証券業協会のサイト
で公表されました。

(さらに…)

2018.09.30

【立ち食い飲食店と消費税軽減税率 】

 

 

 

 

 

 

 

[相談]

顧客のための椅子を用意せずに立って食べてもらう
スタイルの飲食店(いわゆる立ち食い飲食店)を経営
しています。

2019年10月1日から導入される消費税軽減税率制度
ではいわゆる外食については、軽減税率の適用は
ないとのことですが

立ち食い飲食店についてはどのように取り扱われる
のでしょうか。また、当店は、近所の公園で開催
されるグルメイベントに参加する

ことを予定していますが、そのイベントでは
移動販売車で調理した食品を販売する予定です。

この移動販売車にはテーブルやカウンターの設備は
一切ありませんが、この場合は軽減税率の対象と
なるのでしょうか

(顧客がイベント会場である公園のベンチで
 購入商品を 飲食する可能性はありますが、
 当店は公園管理者等とベンチの使用に関して
 何らの契約等はしていません)。

(さらに…)

2018.09.23

【会社による食事代補助と源泉所得税 】

 

 

 

 

 

 

 

【会社による食事代補助と源泉所得税 】

[相談]

私が経営する会社では、従業員の定着率向上を
図るため、従業員の昼食代を補助する制度を導入する
こととなりました。

具体てきんは、従業員用の昼食(弁当)を1食あたり
360円(税抜き)で外部業者に注文し

その代金を会社が業者に支払った後、従業員からは
1食あたり250円を徴収する予定です
(なお、従業員の勤務日数は、1ヶ月あたり22日です)

このような場合、会社から従業員に対する食事代補助
について、源泉所得税の徴収は必要でしょうか。

(さらに…)

2018.09.15

【e-中小企業ネットマガジン 】

 

 

 

 

 

 

【e-中小企業ネットマガジン 】

                   中小企業庁/中小企業基盤整備機構
□━━━━━━━━━━━ Vol.842/2018.09.12 ━━━━━━━━━━━━□
◆「平成30年7月豪雨」に係る被災中小企業等支援策情報はこちら。
<http://www.chusho.meti.go.jp/201807gouu/index.html>
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□
<今週のインデックス>
http://e-net.smrj.go.jp/archives/9486
□━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━□

(さらに…)

2018.09.08

【従業員の医療費を会社が負担した場合の課税関係】

 

 

 

[相談]
私の会社では、従業員の待遇を改善して定着率を向上させるため
従業員が業務外の疾病で医療費を支払った場合に役職等を問わず

その自己負担額の一部(上限10,000円)を会社が負担するという
制度(医療費補助制度)の創設を検討しています。

この制度の運用を実際に開始した場合、会社が負担した医療費は
所得税法上どのように取り扱われるでしょうか。

なお、私が経営している会社は、全国健康保険協会が管掌する
健康保険制度(協会けんぽ)に加入しています。

(さらに…)

2018.09.02

経営者、総務・経理担当者のためのメルマガ

 

 

 

 

 

━ 経営者、総務・経理担当者のためのメルマガ ━━━━━━━━━━━━
┏━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┳━┓
┃税┃務┃・┃経┃営┃最┃新┃情┃報┃     2018年9月号
┗━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┻━┛━━━━━━━━━━━━━━━━

 いつもお世話になっております。
  近江清秀公認会計士税理士事務所の近江清秀です。

 秋の気配いよいよこく、貴社ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 
 さて、今月のメルマガの内容は以下の通りです。

(さらに…)

2018.08.26

【事業承継税制特例でも資産管理会社は適用対象外です】

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

従来からの事業承継税制(いわゆる一般措置)について
事業承継を行う会社が資産保有型会社又は資産運用型会社の

資産管理会社に該当する場合は、一般措置の適用対象外と
されます

(さらに…)

1 2 3 4 5 6 7
Tel.078-959-8522相談無料 ご予約はこちらチャットワーク1分で分かるfreee料金案内
一番上に戻る

近江清秀公認会計士税理士事務所専門サイトのご紹介

  • オフィシャルサイト
  • 安心できる神戸相続NAVI
  • 兵庫M&A事業承継センター
  • 不動産賃貸専門税理士
  • 信頼できる神戸経営支援NAVI
  • Mykomon
  • 専門家 ProFile
  • メールマガジンの申し込みはこちら